高齢出産の心配

私は40歳で第二子を出産したので、高齢出産であったということができます。35歳以上の妊婦の検査には、それ以下の人がしないような検査項目が増えます。というのも、ダウン症を含む、何らかの障害を持った子供が生まれる確率が上がるからです。私もそのようなリスクを下げたいと神社に行っておまもりを買ったり、お参りをしたりしていますが、そんな神頼みばかりではいけないと思います。もっと科学的に根拠のある方法でアプローチしていかなければならないと思いました。そんなときにダウン症予防サプリというものがあることを知り、毎日摂ることで、ダウン症のリクスも下がりますし、何よりも生まれてくるのをただ待つだけではなく、対策をちゃんとしているという安心感がありました。

私はすべての妊婦は妊娠中に葉酸を摂取すべきだと思います。自然の確率でダウン症が生まれたり、何らかの障害を持った子が生まれるのを待つだけではなく、妊婦自身でもその確率を下げる方法として、葉酸を摂取すると良いです。葉酸は、なかなか毎食の食事だけで、一日推奨されている量を摂ることは、なかなか難しいため、サプリメントなどを利用して摂取すると良いと思います。ダウン症予防の葉酸サプリは、葉酸が含まれていますので、妊娠中に毎日摂取することで、ダウン症や障害を持った子が生まれるリスクを下げることができます。お腹の子を守れるのは、お母さんしかありません。愛するわが子がすくすく健康に育ってくれるように、妊娠中から何かしらできることはあるのです。