台所収納にひと工夫

我が家のキッチンはあまり広い方ではないため、
気をつけていないといろいろなものがごちゃっと溢れてしまう時があります。
特に、月に1度友人同士で食料品や日用品などを多く取り扱う、
値段が安いお店へ買い出しへ出かけるのですが、帰宅後はそれらを収納するのが大変です。

本来なら冷蔵庫に入れておくのが推奨されているものや、
いつもの収納場所に詰められないものが出てしまう場合が多く、
たいてい段ボールに入れて別の部屋へ一時置きすることになってしまっていました。

しかし、夏場や冬場は放置しておくとそれらが劣化したり、
できるだけ早く消費したほうが良いものもあるため、
先日主人にDIYをお願いし、冷蔵庫と壁の30cmのスキマに、天井までの棚を作ってもらいました。

主人は小さいころからDIYがわりと得意で、しかも仕上がりがきれいなので、
DIY関係はいろいろとお願いしているのですが、今回はちょっと大仕事となってしまいました。
ホームセンターへ相談しにいったところ、
幸いにも組み立て式のタイプが販売されていたので、それを購入することにしました。

お取り寄せ商品だったため、注文してから届くまで10日程かかりました。
色はホワイトで壁の色にしっくりと馴染んでくれるため、
ほぼ天井までの高さでも圧迫感がないというところがまず気に入りました。
作業は半日ほどかけてふたりがかりで行いましたが、重量感のある素材なので、
セッティングは慎重に、ゆっくりと行いました。

中の棚は可動式で8段入れることが可能で、
注文してから到着するまでにどのスペースに何を入れるか予め検討していたこともあり、
スムーズに収納することができました。
扉がついているので、使っていない時は閉めておき、見た目がかなりすっきりします。
台所に収納することができるものがこれで格段に増え、出し入れもとっても楽になりました。

憧れのパントリー風の棚にとても満足しています。
今後はさらに使いやすいように、中の棚やカゴを使った収納方法など、アレンジする予定です。

実は化粧が嫌いで仕方がない

化粧ことメイクをしていると、皮膚呼吸を遮られているような感覚になり、
私の作業能力は1~2割ぐらいは低下するような気がします。
それに不快感はハンパないものなのですよね。

それにアイメイクまでフルでおこなってしまいますと、
やたらと目が乾くような感覚も覚えてしまいます。
裸眼ではなく、コンタクトレンズを着用している時なんかでは、
もうねコンタクトレンズが半日でカッピカピに乾いてしまうのですよね。

まあそれがアイメイクのせいだとは言いきれませんけれど。私は学者ではありませんし。
しかしマスカラまでつけていた日には、1時間も経過しないうちに目が乾いてくるのですよね。
ですから不快感はものすごいものなんです。

それにまあ、なによりファンデーションが不快で仕方がないのですよね。
ファンデーションをつけのならば、常に顔を手でおおわれているようなそんな感覚に陥るのです。

それにファンデーションを塗る前には下地だってつけるじゃないですか。
日焼け止め防止効果があるとはいっても、こちとらデスクワークですからあまり関係がないーとは思いますしね。
そして下地も皮膚呼吸遮られ感がハンパない…と。

ですからまあ、要するにメイクが嫌いなんですよ。
メイクの悪口でしたらどこまでも続けられるというものですけれど、
しかしながら今日も今日とて、ちゃんとメイクして出社しますよ。

けれども男性はメイクしなくってもいいのですよね。
そこの一点だけで来世は男に生まれたい?なんてことも思うぐらいに、まあメイクは嫌いですね。

身近にあるタンポポ

道ばたで見かける野草についての勉強をはじめました。
気にも止めていなかったっものでも調べてみると色々と興味深いことがわかってくるものです。

こういったことができるようになったのも少し仕事が落ち着いてきたからということもあります。
3年前は、仕事をスタートさせたばかりで、目の前が全く見えていない状況でした。
どのくらいのペースで仕事を進めていけば生活に足りる量になるのかが全くわからなかったので、
休む暇もなく、がむしゃらに進んできました。

その甲斐あって、3年も無事に経過してくると、力の抜きどころもわかってきて、
ようやくゆとりというものを味わえるようになってきました。

どんなに野草に興味のない人でも、タンポポを知らない人はいないと思います。
以前に関西の人と話しをしていた時に、その人はタンポポには白い花が咲くといっていました。
そんなことはないでしょう、タンポポの花は黄色に決まっています、
何か他の花と間違っているのではないですかと言ってしまいました。

あとでわかったことなのですが、タンポポと一口に言っても、
日本には20種類ものタンポポが存在していることがわかったのです。

そして、関西のタンポポは白い花が咲くということなのです。
新芽のやわらかい葉なら、生のままサラダにしてもおいしく食べることができるのです。

花芽がたってくると苦味がでてくるので、アク出しをする必要がでてきます。
塩の湯でゆでるか、重曹を少し加えてゆでて、
そのあと何度か水を取り替えて約1日程かけてアク出しをします。

自然って厳しいなあ

うちの周りでは、畑が作られています。
うちの庭も、多少家庭菜園を作っているうえ、私がずぼらなので、草ぼうぼう。
アブラナ科の雑草やキャベツ、白菜を作っているので、もちろんモンシロチョウ天国でした。

チョウは飛ぶ飛ぶ、青虫むしゃむしゃ。
おまけに、うちの壁を登ってさなぎになるので、
あちこちにさなぎがくっついているという状態です。

さすがに、寒くなって雪も降ったし、もうチョウは飛んでいないのですが、
ストーブ用の薪の陰に、瀕死の青虫がくっついているのです。

「ありゃー、こんなに寒くなるまで粘っているからー」
と、かわいそうに思った私は家に持って入り、キャベツの葉に乗せてやりました。
今まで3匹保護したのですが、そのうち2匹は色も黒っぽくなっていて、
ほとんど動かない状態でした。

「これは死ぬな」と思ったものの、
寒い外で死ぬよりは、暖かい部屋の中のほうがいいだろうと思いまいた。
黒っぽい2匹は、翌日、背中からたくさんの蛆が出てきました。(いやな表現ごめんなさい)
青虫コマユバチに寄生されていたのです。
「あー・・・。」
こんな遅い季節まで粘ったのに、結局寄生されていたとは…。
青虫たちがかわいそうでしたが、自然の法則、弱肉強食です。
仕方がないかな、と思いました。

最後の1匹は、薪にかぶせてあったブルーシートから降ってきました。
色もまだみずみずしい?し、よく歩き回ります。

大きくなってよく歩く青虫も寄生されている確率が高いので、ちょっと不安でしたが、
入れてやった卵パックの中で足場を作りました。
おっ、さなぎになりそう?とわくわくしていたら・・・。
やっぱり、蛆が・・・。
元気でもやっぱり駄目だったか…。
難しいとわかっていても、さなぎにさせてやりたかったと思います。

ホームパーティ

先日、ママ友たちとホームパーティをしました。
ホームパーティといっても大した事ないのですが、進級記念にみんなで持ち寄ってワイワイ。
料理好きのYちゃんママのおうちに集まって、朝から料理を用意してバタバタだったけど、楽しかった~!
子どもたちも喜んでたしね。喧嘩とか始まっちゃうけど、テンション高くてお家に帰ったらもうぐったりと、夜の寝かしつけが楽ちんで助かりました。

私は、ローストビーフの通販で購入したのと、サラダにして、タッパーに詰めて持って行きましたよ。
やっぱりパーティといえばお肉料理じゃない??と思って。
めちゃめちゃ好評でした。
子どもたちにはおやつとちょっとしたおもちゃを用意して。
Yちゃんママは、生地からピザを焼いていてくれて、ちょうどMくんママもパスタを持ってきてくれたのでイタリアンパーティって感じでした♪
たまにはワインもいいね~。
Yちゃんちはとっても居心地がよくて、住んじゃいたいくらいでした(笑)

話題は子どもたちの習い事について。
みんな年中だから、そろそろ~って思ってるみたいで、昔自分がやってた習い事とかで話に花が咲いちゃいました。わたしは、ちっさい頃ピアノとかやってたんだけどなぁ。楽譜も読めない。続かないのは似てほしくないな‥(苦笑)
子どもにはどうなって欲しいんだろう?
男の子は、スイミングとかサッカーとかが多かったかな。

今度は花見に行きたいなぁ。
またローストビーフはネタに持っておこうっと♪

失業保険を受給するためには

現在の求人数は、緩やかに増加傾向にあるそうです。
これから仕事を探す人には嬉しいことですが、
それでも仕事が見つからず、困っている人もたくさんいます。
世の中がどうあれ、私たちは生活していかなくてはいけません。

今ある程度の規模の会社に勤めているとしても、
ずっとこのまま働き続けることができるという保証はないのです。
もし仕事を失う時がきたら、その時の身の振り方など、
あらかじめ考えておいてもいいかもしれません。

仕事をやめたら、まずは失業保険です。
失業保険を受給する事で、生活の心配をすることなく仕事を探すことができます。
ただし、失業保険を受取るためには、いくつかの条件と手続きが必要です。

まずは、失業という状態にあること。
ハローワークでいう失業の状態とは、
「退職し、仕事をしていない状況であること」
「就職しようとする意思があり、心身ともに就職が可能な状況であること」
「積極的に仕事を探しているのに、
まだ仕事が見つかっていないこと」という、
この3つの条件を満たしている状態のことです。

実際の手続きは、まず、ハローワークで求職申込書を提出します。
これが、今仕事を探している状態であるという意思表示になります。
その後、失業保険を受給する為の手続きです。
必要な書類は、雇用保険被保険者離職票と雇用保険被保険者証、
そして本人を確認するための住民票や運転免許証などです。

手続きが終わったら、後日説明会が行われ、
指定された認定日にもう一度ハローワークへ行きます。
この認定日は、失業状態であるかどうかを確認する日です。
1日でもアルバイトなどをしたら、認定日に報告しなければいけません。
認定日は4週間に1度設定されています。
この日に失業していたと認められた日数分の失業保険が給付され、
指定した口座に振り込まれます。

つい魔がさして不正受給をする人がいるそうですが、
不正受給にはとても厳しい処分が下されます。
くれぐれも、不正受給はやめてくださいね。
正しく受給して、早く良い仕事を見つけましょう。

梅田の風俗求人お探しなら