毎晩の豪快ないびきに困ってます

ナステントでいびきは解消されるのか検証してみた!

すごいんです……。
主人のいびき。
「もう!うるさい!パパねられへん!」
と小学生の娘が夜中におこされるぐらいにうるさいんです。
子供って一度寝てしまうと簡単には起きないんですけど、最近の主人のいびきはひどくて、負けてしまいます。

自分は寝ているもんだから痛くも痒くもないし、朝その話をしたところでとぼけるだけ。
どうにかならないものかなー、といびきの悩みは永遠のテーマのように頭をぐるぐる回っています。
毎晩毎晩、うがががーっっうがががーっっ

「いびきなんとかならん?すごいで。たまに息とまってるし。病院行った方がいいで。」
と言うのですが、相手にされず、私の言葉は宙に浮いたまま。
鼻に貼るテープはすぐにはがれるし、自分はガーガーいびきで人の眠りを妨げるくせに、眠りが浅くて神経質で、わずかな光りでも目が覚めるから明かりをつけるな!と怒ります。
じゃあ、あんたのいびきもどうにかしてよ。と思います。

でも休みの日、用事を終わらせるとほとんど寝ています。聞くと、眠くて眠くて仕方がないんだとか。平日も急にがくんと眠たくなるんだとか。
やはり夜ちゃんと寝れていないと思うのです。
「やっぱり病院行った方がいいよ。」と言うと
「いや、そんなんで、休日つぶしたくないし。」という始末。

なんかいいものないですかね。と同僚に相談すると、もう別室で寝るしかないよ。家庭内別居だね。と究極の答えが返ってきました。
良い薬でもサプリでもあればいいんですけど、あんまり聞きませんよね。病院にも行かない主人に手術なんて夢の話なんです。

煙草をやめてから2年の間に5㎏ほど太ったのがひどくなった原因だと思うのですが、顎が小さくもともと若い頃からいびきはしていたので、体質だと諦めなければならないのでしょうか。

就寝時の枕を変えるだけで症状が改善されるとか、マウスピースで防止できるとか、いびき防止リングを左手の小指にはめると熟睡できて改善できるとか…。
ネットを検索してみると色々なグッズが出てるようで、片っ端からためしてみたいと思います。
まずは快適な睡眠がとれるように。これが病気を予防したり、心身の健康を維持することにつながっていきますよね。

腕時計について

腕時消えと言うのは、本当にピンからキリまであるものだと思います。
安いものは100円ショップでも売っていますし、
高いものは数百万、数千万という値段がするものもあります。
時間がわかれば良いという人は安いもので十分なのでしょうか、
アクセサリーやジュエリーの一部として考える人は、高級なものを欲しがるのかもしれません。

自分は特に高いものはいらないので、カシオのやすいデジタル時計を使っています。
値段の割にはちゃんと動いてくれて、とても重宝しています。

これまで買ってきた時計は、殆どがデジタル時計です。
自分はデジタルにこだわりがあるわけではないのですが、なんとなくデジタルが好きなのです。
周りの人はロレックスやオメガなどの話題になっても、全くついていけません。

こういったものは完全に趣味の世界なので、その人が好きなモノを使えばいいと思います。
最近のデジタル時計は多機能になってきており、ストップウォッチだけでなく、
方位、気温、高度関係のセンサーをそうびしているものもあり、
非常に多機能化しているといえるのではないかと思います。

自分も以前方位がわかる時計をもっていたことがあります。
そういった機能を使うことは殆ど無いのですが、なんかかっこいいと思ってしまうという事はあると思います。
高級な時計は一生使えるものもあり、そういったことを考えれば決して高くないと言えるのかもしれません。
自分もこれからもいろいろな時計を探していきたいと思っています。

目指せ!赤ちゃん預かりマスター

昔から小さな子供が大好きな私。
男の子でも女の子でも3歳未満の子を見つけると目をキラキラさせながら見つめてしまいます。
友達には不審者みたいだからやめた方がいいとアドバイスをくれるのですが
本当にどの子も可愛くて暴走をとめられません。
そんな私は大学生になり偶然ベビーシッターという仕事に巡り会えたのです。

初めは8か月の女の子の面倒をみました。
その子は人見知りと自己主張が人一倍強い子でした。
子供が好きだったものの子育て経験のない私には正直てこずりました。
何をやっても自分のなかで満足いかずすごく葛藤しました。
言うことを聞いてくれず自分の思い通りにいかず次第に苛立ちさえ覚えるようになりました。
そんなある日ついに赤ちゃんの前で泣いてしまいました。
しかし次の瞬間驚いたのです。
その赤ちゃんがほっぺたにキスをしてくれました。
まるで泣かないでと言わんばかりに。

そしてその後私の横に体をくっつけちょこんと座っていました。
そこからの私は赤ちゃんに頑張らせちゃ行けないと思うしやる気を出し直し
赤ちゃん預かりマスターを目指すようになったのです。
さまざまな育児本を読みあさりインターネットで育児情報を検索したり勉強の日々を続けました。
ただ預けたお母さんに頼まれたことをやるだけでなく次第に自分で考えて行動できるようになったのです。

それ以降幸いなことにたくさんの赤ちゃんを預からせてもらいました。
くじけそうになったけどその子のおかげで今まで頑張ってこれました。
本当に感謝です。
そしてそんな私が今一児の母になろうとしています。
とにかく愛情そそぎ笑顔溢れるそんな子にしたいです。

娘の誕生日

今日で娘が5歳の誕生日を迎えました。
幼稚園でも誕生日イベントがあったので、その日から「今日は私のお誕生日?」と何度も聞いてきた娘です。

その度に、あといくつ寝たらだよと返事をするもイマイチよく分かっていなかった様子です。

今では誕生日は自分の生まれた日のお祝いって事が分かっているけど、クリスマスと近いせいか、
去年はサンタクロースとケーキを食べる日ってなっていて、訂正するのが大変でした。
家では娘が生まれた時に、クリスマスと誕生日を一緒にしないと決めていたので、
プレゼントもケーキもクリスマスと誕生日と別々に用意してるのに、
何故サンタクロースとケーキを食べる日になったのかが不思議です。

幼稚園の誕生日イベントには、母親も招待されるのですが、もうしっかり受け答えしていて成長したなと感慨深かったです。
今年は初めてケーキもプレゼントも娘が選びました。

食べ物のアレルギーがあるので、普通のケーキは食べられない娘だけど、
今はアレルギー除去ケーキもあるので娘も嬉しそうに選んでいました。
早速ケーキを出してロウソクを立ててる娘が、5歳だから5本と言ってるのに、
ケーキが寂しいからってもっと立てようとしています。

いっぱい立てたら、いっぱい歳をとっちゃうよと言ったら、慌てて片づけていた可愛い娘です。
ピンクのイチゴクリームたっぷりのケーキは、あっという間に無くなりました。

また「6歳になったら食べられる?」と聞かれたので、その前にクリスマスに食べられる事を伝えたら大喜びです。

『中世の秋』を読み終え、私のライフは尽きた

ホイジンガの『中世の秋』をやっとのことで読み終えました。

普段あまり歴史書を読まないせいもあり、ひたすら長く感じました。

各章で言いたいことはかなり伝わってくるのですが、それをサポートするために詩や日記やアネクドートをびっくりするほどたくさん引用するので、読者の方はそうした(やや瑣末な)具体例に飲み込まれてしまいそうになります。

特に最後の数章で展開される芸術論は苦役でしかありませんでした。

ここでホイジンガは中世末期の視覚芸術について論じているのですが、
紙幅の都合からか掲載されている挿絵や写真があまりに少なく、
ホイジンガの言葉だけから彫刻やら絵画の中身を類推しなければなりませんでした。

それでもコアに相当する部分はかなり面白く読めたので、
あまり意固地にならず細部は読み飛ばす感じでの読書を歴史家以外には推奨したい書物ですね。

要するにホイジンガは、ルネサンスを中世の延長上にある文化として捉えるブルクハルトのような立場に異を唱えているわけです。

ブルクハルトは中世文化にルネサンス文化の萌芽を見い出そうとしますが、
そう考えると中世文化の諸側面はどうしてもルネサンスの萌芽としてみなされてしまい、
中世という時代の固有性を見出すのは難しくなります。

そこでホイジンガはブルクハルトと異なり、両者の独立性をあえて強調してみるわけです。

中世末期にそれまでの文化的風土はそれとして成熟した形で完結し、
そこからの発展はもはやなかったというのがホイジンガの立場です。

では中世に固有の文化やものの見方とはいかなるものだったでしょう?

毎日の時間を充実させる為に

私は今、あるPCオンラインゲームでリーダーをやらせてもらっています。
そのゲームは開始してから約半年経ちますが、
人気アニメ「ガンダム」を題材としている事もあり、プレイ人口はかなりいるとおもいます。

開始当初はとても楽しいものでした。
歴代ガンダムの機体の「~が生産に成功した!」とか「~はどういう風に攻略するといい」など、
和気あいあいとしていました。

しかしです。
チーム戦という、一般的なオンラインゲームで言う所のギルド対抗戦が実装されて、
リーダーのするべき事が一気に増えました。
これまで気楽にやりたい時だけプレイしていたのが、
今度は出社前や帰宅後にできるだけINしていないとならなくなってしまったのです。

もともと別ゲームで知り合った仲間数人が同じチームでプレイできるようにと
気楽にリーダーを引き受け、チームを作ったのですが、
今はチーム戦でいろいろと指示を出さないといけなくなりました。

そのおかげもあり、500チームはある中で前回のチーム戦はTOP10に入り、みんなかなり喜んでくれました。
現在開催中の第2回チーム戦で5R終了時でもTOP10で前回より更に良い順位につけています。

うちのチームは決して課金者が多いわけではなく、チーム員個別の戦力でいったらもっと上のチームはいくつもあるでしょう。
私は以前からチーム員に、
「うちはリアルと体調を第一に、うちらしさを出して楽しんでいきましょう」と伝えて来ました。
そしてチーム員のみんながかなり協力してくれています。

しかし、長時間のプレイと度重なる指示等で私自身が疲れ、楽しめなくなっていました。
そして先日、チーム員に「リアルでやらないといけない事が溜まっているので、
そろそろ隠居するかもしれません」というような旨をつたえました。
そして引き止められましたが、それからはサブリーダーの4人が分担して私がしていた事を引き継いでくれて、かなり負担が減りました。

しかし、それでも続ける限りはどうしても放っておけない事に指示を出してしまいます。
皆が引き止めてくれる中、隠居するのは寂しくもあり、ちょっとつらいです。
しかしけじめはいつかつけなければいけなく、それがそろそろ新年を迎える今だと思っています。

チーム員の方々にはいろいろ協力していただき、感謝の気持ちと、寂しさが半分半分です。
ありがとうございました。

忘れられない人

私には忘れられない人がいます。19歳のときに出会った、ひとつ年下の男の子です。
彼は、見た目は金髪で長身、作業着を着ていて、いかにも「やんちゃ」という風貌でした。
私はと言えば、彼とは真逆でそこそこ良い大学に通う真面目な学生でした。

見た目も性格も、育ってきた環境も、ほとんど共通点がない私たちでしたが、だからこそひかれあいました。
すぐにお互い好きになりましたが、なかなか付き合うことができませんでした。
お互いが「自分は相手にふさわしくないのではないか」と思っていたからです。
しかし、自分の気持ちに嘘は付けず付き合うことになりました。

付き合ってからは、喧嘩がたえないカップルでした。しかしそれ以上に仲の良いカップルでした。
喧嘩するほど仲が良いとはよく言った言葉だと思っていました。
嘩するたびに、嫌いになるのではなく、お互いの気持ちや考えを理解し尊重し、絆を深めていきました。

あるとき「結婚を前提に付き合っている」と言われました。
嬉しい反面、不安がありました。
私の親が、彼との交際を反対していたからです。理由は「育ちが違う」ということでした。
「どうして自分の好きな人と一緒になってはいけないのか」そればかり考えていました。
「育ちよりも今の彼を見てほしい」とも思っていました。
そんな私を見て、彼は何度も「親に挨拶に行く」と言ってくれました。しかし、私は断ったのです。

彼のことは大好きでした。しかし、結婚となると自分の中でも考えてしまう部分がありました。
私自身、彼の人間性を120%受け入れていたわけではなかったのです。
彼に対してどうしても受け入れられない部分がありました。
そのことを伝えずに、親のせいにして別れたことを今でも後悔しています。
伝えていたら、何か変わっていたのではないか、今でも思います。
お互いに結婚してしまいましたが、今でも私の中で忘れられない大切な人です。

愛犬の目が大変なことに

仕事柄、PCのモニターを見て作業している時間が長いので、目を休めなければと思いつつも、休憩時間にはスマホをいじり、家に帰ってからは部屋を暗くして映画館のような感じにして、映画を観るのがかつての私の趣味でした。

さらに、念願の4Kテレビを購入したので、ますます映画視聴に熱が入り、毎晩遅くまで観るようになりました。
そして、私が映画を観ていると、愛犬のシロがトコトコとやってきて、私のひざの上に飛び乗り、一緒に観ることが多かったんです。

しかし、そのせいか、目を酷使してしまったようで、まずは目やにが目立つようになりました。
最初は、気が付いた時にこまめにティッシュで軽く拭いてあげていたのですが、段々と症状がひどくなり、目をかゆそうに前足でひたすらかいているので、お世話になっている獣医さんに相談すると、一度、診察した方がいいとのことだったので、次の休日に病院へ連れていきました。

うちのシロはチワワなのですが、目が大きい犬は目の病気になりやすいので、特に注意が必要とのことです。
そして、診断結果はドライアイが原因で炎症を起こしているとのことだったので、涙の分泌を促すお薬と、点眼薬を処方して頂き、私生活でもなるべく目に負担をかけないように一緒に早めに就寝するようにして、なんとか症状が改善されました。

今は、人間と同じように犬のドライアイが増えているようですね。
ネットで調べると犬用サプリが数多く販売されており、ビタミンや亜鉛などを配合したドライアイを予防するサプリをこのサイトで購入しシロに毎日飲ませています。

私も、映画をみる時は部屋を明るくして観るようにし、目が疲れている時は早めに就寝するようにしています。
いくら映画が好きでも、目が見えなくなったら元も子もないですからね。

とはいえ、なかなか目に優しい生活を続けるのは難しいですが、シロのためにもできるだけ目を休ませる時間を作っていこうと思っています。

不器用な私

先日、娘の帽子を買おうとデパートへ行ってきました。
親がいいと思って買っても娘が気に入らないと困るので、娘に選ばせました。
白いニットの帽子を見つけ、それを買って帰りました。

その後、私も帽子が欲しいと思いショッピングモールへ行ってきました。
すると300円均一のお店があり、そこで丁度いい帽子を見つけました。
とても300円には見えないので、かなりいい買い物が出来たと喜んで帰りました。

娘の帽子と形がすごく似ていて、交換してかぶることも出来ます。
しかし、値段は娘の方が10倍以上も高かったと思うとビックリします。
私が先に買えば娘の帽子代も節約できたのに、と考えるとちょっと悔しくなりました。

手袋やマフラーなどは去年買った物があるので、それを使えば寒い冬も暖かく乗り越えられます。
寒さに強い主人も今週からとうとう手袋をするようになりました。

ママ友の中には器用な人も多く、帽子や手袋を自分で編む人もいます。
子供用のスカートも作って着せていたのですごいなと感心してしまいました。
私もミシンはありますがお稽古バッグを作るのが精一杯で、編み物は全然出来ません。

最近は、ハンドメイドのバッグやアクセサリーを作って売る人が多く、それを作家さんと呼ぶことを最近知りました。
学校のバザーやお祭りなどでお店を出している人もいるのでつくづく凄いと思いました。

私にはこれだと言える得意なことがないので、何か始めようと思っています。
何をするかは決めていませんが、それが自分の自信に繋がるような気がします。

年をとったと感じる瞬間は…

それこそ小学生ぐらいの頃は、同じような顔の芸能人でもちゃーんと判別がついたものです。
オッチャンなんかが「ジャ○ーズの若いアイドルなんて、顔がみんな一緒やんかー」みたいなことを言っていましたが、
もう当時は舌打ちものでしたよね。

しかしもう予想できるかと思いますが、今では自分がそうなってしまっていますからね。
要するに、アイドルにしても俳優にしても、顔の判別ができなくなってきている?と。
つまりは「みんな一緒に見えてしまう」というものです。

もうね、年をとったと感じますよね。もっとヘアースタイルに特徴があればわかるのですけれど
、しかし今のアイドルって女性ならばコレ、男性ならばこんな感じ?といったように、
まあオッチャン風に言いますと、「みんな一緒やん!」ぐらいに見えてしまいますからね。
こちとらオバちゃんからしてみれば。

けれどもまあ、あったりまえですけれど、それぞれに違いはあるのでしょう。
しかしもう、アイドルなんて追っかけていないオバハンからしてみたら、
見分けがつかなくなってきているのですよ。
それこそ「みんな一緒に見える」ですからね。

そしてそれは、なにも芸能人ばかりの話ではなくって、一般人にしてもそうなんですよね。
ヘアースタイルを若い子が変えようものなら、既に「その人である」と
、認識できなくなっていることが時々ありますから。

もうね、小学生ぐらいの頃にイラッとしていたおっちゃんおばちゃんそのものになっていますよ。
まあ、年齢的にはまだまだ若いと言えるものですけれど。感覚がどうも老化しているかもです。